ギャンブルが好きな人であれば、ギャンブルがテーマの映画にも興味が沸くかもしれません。ちょうど、クリケット好きが多いインド人が、アーミル・カーンのクリケットを題材にした映画に強い関心を示したように。ギャンブル映画にも同じことが言えるでしょう。

異論はあるかもしれませんが、ギャンブルをテーマにした映画は主にギャンブラー向けに特別に作られています。面白いかどうかは分かりませんが、蓼食う虫も好き好きです。

『ベガス・バケーション』

『ベガス・バケーション』は、名前からもわかるように、ギャンブルをテーマにした面白い映画です。筆者は最初から最後まで観ましたが、予想ほどスリリングな映画ではありませんでした。ちなみに今から24年前の作品です。

『ラッキー・ユー』

『ラッキー・ユー』は、2007年に公開されたポーカーブームに乗っかった作品に過ぎず、前作の『ベガス・バケーション』ほど古い作品ではありません。言うまでもなく、最初から最後までポーカー要素尽くしです。

『のるかそるか』

負けるかもしれないとわかっていながら余分なお金を賭けるわけですから、ギャンブル映画はシリアスな悲劇であるはずがありません。『のるかそるか』は、1989年の映画であるにもかかわらず、今でも色褪せない映画です。この映画があったからこそ、健全なコメディー映画が何十年も作られ続けているのだと考えて間違いないでしょう。

『マーヴェリック』

『マーヴェリック』は1994年に公開されたので、27年前の作品ということになります。多額の予算を投じたスタジオ制作映画です。

The Cooler

プロの負け犬ギャンブラーが主人公という作品。2003年に公開された、18年前の映画です。

『オーシャンズ11

カードゲーム好きの方のために作られ、テーブルゲームをテーマにしたギャンブル映画です。

『モリーズ・ゲーム』

こちらもまた、ギャンブルをテーマにした、ポーカー好きのための映画です。ポーカーをテーマにした映画なので、ポーカーファンにはたまらないかもしれません。そして何より、比較的新しい4年前の作品ですからね。ポーカーのアンダーグラウンドな世界が垣間見えます。

『カジノ』

映画のタイトルを見れば一目瞭然でしょう。比較的古い30年近く前の作品で、公開は1995年です。カジノ映画では、歴史の裏舞台を知ることができ、当時の人々がどのようにカジノをしていたかを知って楽しむことができます。

『ハスラー』(1961年公開)

昔のギャンブルについて知ることで、先人たちのギャンブルの楽しみ方を知ることができる作品です。

『バグジー』

『バグジー』は1991年に公開された、今から約30年前の作品で、ギャングを題材にしたギャンブル映画です。